ダンボールで燻製をやってみた

スポンサーリンク

 

どうも、英風堂です。
実家で日曜日にバーベキューをやるという連絡があったので、
前からやりたいと思っていたダンボールを使った燻製作りをついにやってきましたよ!
ゲストの中に燻製経験者がいたのでちょうど良かったです。

材料

・ダンボール
・網2枚
・鉄板 (スモークウッドを置ければ何でもよいです。)
・棒2本
・ブロック2つ
・燻製用温度計
・スモークウッド1本

 

組み立て

組み立ては画像を見ていただいた方が早いかと。

ダンボールで燻製器

ダンボールで燻製器

ダンボールの後ろ側に切れ込みを入れて、網を突き抜けさせていています。
網の手前側は棒で支えてます。
ブロックは風に倒されないように支え用。

温度計は上から刺しています。
今回用意したのはこちらの温度計。

Amazon.co.jp: ソト(SOTO) スモーカー用 温度計 ST-140: スポーツ&アウトドア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000AR1KI4/ref=oh_details_o00_s00_i01?ie=UTF8&psc=1

肝心の燻製材はチップよりウッドの方がダンボール向きだというので、評判の良かったこちらを購入しました。
無難にサクラで。

Amazon.co.jp: スモークウッド SSSW: スポーツ&アウトドア
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000BS7BPI/ref=oh_details_o00_s00_i00?ie=UTF8&psc=1

燻製器の準備はこれでOK!
30分もかからないです。

 

食材

・チーズ
・アジの干物
・ささみ

チーズは固いやつがおススメです。
柔らかいのは溶けちゃうそうで。

干物は何も下準備は必要ないようですが、用意したのが実家にあった冷凍物だったので
解凍後、軽く乾燥させました。

ささみだけちょこっと下準備を。
下記のサイトを参考にさせていただきました。

鶏ささみの燻製の作り方
http://food1.setosa.com/sasami1.html

前日夜に漬け込み→翌日に10分水につけて塩抜き→2時間冷蔵庫で乾燥させました。

軽く乾燥させたささみ

軽く乾燥させたささみ

 

燻製開始

こんな感じでセッティング完了!

ささみから油が肉汁が出るかもと思い、 ささみは下段に

ささみから油が肉汁が出るかもと思い、
ささみは下段に

 

いざ、着火!

スモークウッド着火!

スモークウッド着火!

 

ウッドは1/3使用。あとはこれで1時間ほど待つだけ。
なのですが、1時間たっても中の温度が30度から上がらない。
開けてみるとウッドがあまり燃えてないし、スモーク具合もいまいち。
スモークウッドの説明書には着火は片方でOKと書いてありましたが、
ゲストのスモーク先生のアドバイスで両端に着火して再開。

再開後はぐんぐん温度が上がり60度くらいになりました。
スモーク先生がチーズが溶けるのでひっくり返した方が良いとのことでしたので、
30分後に反転。
開けたらたしかに溶けてました。
ついでにささみも場所によりスモーク具合がバラバラだったので、位置替え。

そして、さらに30分待って両端着火から合計1時間で完成!

色がちゃんと付いてる!

色がちゃんと付いてる!

 

網にこびりついたチーズを味見してみたところ・・・。
う、うまい!スモークチーズの味だよ!
ささみも中が半生でしたが、ちょこっとだけ食べてみたらこれも美味い!

みんなに食べさせる分は、念のため追加で焼きました。

ささみは追加で網焼き

ささみは追加で網焼き

 

評判もなかなか良かったし、成功じゃないでしょうか。
食材以外の材料費は1,000円もかかってないし、基本は放置しとくだけ。
バーベキューには欠かせなくなりそうです。

燻製は1時間~2時間くらいなので、バーベキュー開始と共に燻製を開始すれば
一段落ついた頃に出来上がるので、ちょうどいいですよ。
是非お試しを!

 


スポンサーリンク