コーヒー器具が増えてきたので種類とか

スポンサーリンク

 

エルサルバドル温泉珈琲。
あ、どうも。英風堂です。
炒った豆を水で抽出した苦汁が大好きであります。

10年程前、1日中家で呆けていた 時代がありました。
自分で入れるコーヒーや紅茶、ハーブティーなどの飲み物に大ハマりして、
ひたすら飲み物を作る日々。
働き始めてからはハンドドリップすることがほとんどなくなってしまったのですが、
最近またハンドドリップをするようになったのです。
インスタントコーヒーは香りがもの足らんのです。

コーヒーと一言でいっても、抽出方法により種類が変わります。
簡単にまとめました。

よくこれだけ集めたもんだ・・・。

 

・ペーパードリップ
一般的なコーヒー。いわゆるレギュラーコーヒー。
ペーパーフィルターで抽出したもの。
コーヒーに入る油分が少ないので、すっきりとしています。
私が淹れる中では一番神経を使う淹れ方。
アレンジは
・カフェオレ (牛乳)
・ウインナーコーヒー (ホイップクリーム)
など。
ちなみにカフェオレはコーヒーとミルクを同時に注ぐのが正統らしいです。
昔ふらっと入った喫茶店で妻がカフェオレを頼んだところ、席までコーヒーと
ミルクを別々に持ってきて目の前でグラスに同時注ぎをしてくれました。

 

・ネルドリップ
こちらもレギュラーコーヒー。
ペーパードリップとの違いはフィルターが紙ではなく、布製なこと。
ペーパーよりこちらの方が油分が多くなり、 コーヒー感が強くなります。
ちなみに布フィルターは何回か使いますが、その管理が大変なので
私はやったことがないです。
アレンジはペーパードリップと一緒。

 

・サイフォン
あの科学実験的な淹れ方。
淹れるのを見ているのが楽しい。
ドリップとの違いは、豆が完全にお湯に浸るので味わいが濃くなります。
アレンジもドリップコーヒーと一緒かと。
サイフォンは実家にはあったんですが、淹れたことはなかったです。
小さい頃はコーヒー飲めないくせに、サイフォンで淹れるのが見たくて
親におねだりしたものです(笑)

私はふらっと入った喫茶店でネルドリップかサイフォンだと「お、レアだ!」 ってなります。

 

左にあるのがフレンチプレス。

 

・フレンチプレス
私的に一番楽な抽出方法。
豆にお湯を注いで、抽出時間がきたら注ぐだけ。
こちらも豆がお湯に浸っている時間が長いので味わいが濃いです。
しかもサイフォンはフィルター(布や紙)を通過しますが、こちらは金属メッシュを
通過するだけなのでとても濃くなる傾向があります。
こちらもアレンジはドリップコーヒーと 一緒なのかな?
コーヒー感が強いためフレンチプレスで淹れたカフェオレは美味しいです。

私はあっさりしたコーヒーが飲みたいけどペーパードリップが面倒な時は、
フレンチプレスしたコーヒーをさらにペーパードリッパーにかけるという、
フレンチプレスの良さを真っ向から否定するような淹れ方もします。

 

・直火式エスプレッソ
マキネッタといわれるやつ器具をコンロなどで直火にかけて使います。
高気圧をかけて30mlくらいに抽出します。
これがエスプレッソです。
超濃いコーヒー。
アレンジは
・カプチーノ (エスプレッソ・ミルクの泡・ミルクが1:1:1くらい)
・カフェラテ (エスプレッソ・ミルクの泡・ミルクが1:1:2くらい)
・カフェアメリカーノ (エスプレッソをお湯で割ったもの)
など 。

 

左がマキネッタ。右がエスプレッソマシン。

 

・エスプレッソマシン
エスプレッソをマシンで抽出できるようにしたもの。
そのままです。
エスプレッソってスターバックスで一気に広まりましたよね。
カフェラテが一般的に飲まれるようになってから、ファミレスやファストフードに
置いてあるコーヒーマシンがエスプレッソ寄りになった気がします。
普通のコーヒー頼んでもちょっとカフェアメリカーノっぽい味がすることが多いような。
夏はエスプレッソを水と氷で割って、即席アイスコーヒーばっかり飲んでます。

 

・ダッチコーヒー
お湯ではなく水で抽出するコーヒーです。
ルノアールに置いてあるやつといえば分かるでしょうか。
抽出するのに10時間とかそのくらいの時間が掛かります。
ダッチコーヒーの器具もなかなか見ていて面白いので、いつかは
購入してみたいです。

 

左:手動ミル。中:電動ミル。右:エスプレッソ用電動ミル
エスプレッソ用はめっちゃ細かく豆が挽けます。

 

このほかにもパーコレーターやベトナムコーヒーなど色々な抽出方法があります。
器具に合わせて最適な豆を選ぶも良し、豆は同じで抽出方法を変えて楽しむのも良し。
コーヒーは飽きないですよー。


スポンサーリンク