俺に!新鮮な!豆を! – コーヒー豆販売店の新規開拓

スポンサーリンク

 

コーヒー豆の販売店迷走中。
どうも、英風堂です。
最近はコーヒーをハンドドリップしてから水筒に入れて出勤しています。

コーヒー豆は自家焙煎の新鮮そうな豆を買うようにしていて、
かなり前に住んでいた町には駅近に良い豆を売るお店がありました。

蒔田のコーヒー屋さん
地図

こちらにインタビュー記事がありました。

煎りたてコーヒー&軽食 蒔田のコーヒー屋さん | アメカジファン | AmeKaji-fan.com
http://amekaji-fan.com/viewshop.php?no=011

喫茶店併設でお客さんがいないときはマスターが豆の
ハンドピッキング(悪い豆の取り除き)をしていたりします。
引越してから数年後に久々に訪ねたときに私のことを覚えていてくれたのは
感動しました。
通っていた時は金髪に着物orツナギで、久々に訪ねた時は
黒髪洋服だったのに気付いてくれたのです。
あーゆーのって嬉しいですよね。

上記のお店以外では南蛮屋という神奈川県を中心に展開しているチェーンの
お店を利用していました。

*南蛮屋ホームページ*
http://www.nanbanya.co.jp/

店舗によって違いますが、お茶やハーブティーも充実してる店舗があります。
コーヒー豆を買うと試飲として好きな豆で1杯、その場で淹れてくれますよ。

こちらはオンラインショップもやっているので、現在はこちらで購入中。
炭火で焙煎しているらしく(1種類を除いて)全体的に焙煎具合が強い気がします。
最近私の味覚が変わったのか、もうちょいライトな感じのを好むようになってしまって
新しいお店を探そうと思案中です。

ちなみに豆の鮮度ですが、私は舌にそれほど自信がないので飲み比べしても
たぶん分からないと思います。
しかし、豆を挽いた時と淹れるときに大きな違いがあります。

まず豆を挽いているときの香りの強さ。
そして、淹れるとき。

コーヒーメーカーで淹れてしまうと分かりませんが、
新鮮な豆はハンドドリップした時に薄茶色の細かい泡がたくさん出てきます。
また、豆自体が膨らんでこんもりします。
まるでジャイアントカプリコのように。
これを見るのが好きなんです。
鮮度が落ちている豆だとまるで砂に水を注ぐようにすーっと水が落ちて、豆が膨らみません。

ということでコーヒー豆販売店の新規開拓をしていこうかなと思っとります。
しかも通販で。


スポンサーリンク