夏!浴衣! – 浴衣デートについて 持ち物編

スポンサーリンク

 

夏の花火大会や縁日、お祭りで浴衣(着物)デビューする人も多いですよね。

そこで浴衣デートするときのおすすめ持ち物です。

(男性の浴衣準備はこちら→必要なもの/浴衣セット)

うちわ/扇子

暑いですからね。
うちわの場合は、配布している広告入りじゃなくてお洒落なものを彼女に用意できたら素敵!

ハンカチ・タオル多めに
ハンカチ・タオルは汗ふき用はもちろんなんですが、帯が緩んできたときに帯の内側にタオルを挟むと着崩れの応急処置になりますよ。

絆創膏
絆創膏は履物対策に使います。
下駄や雪駄は履きなれていないと親指と人差し指に間が鼻緒で痛くなっちゃいます。
そんなときに絆創膏を使いましょう。
足の痛いところに貼るのはもちろんですが、下駄の鼻緒にも絆創膏を巻きつけると楽になりますよ。
彼女と待ち合わせした時点で鼻緒の部分が痛そうだったら、鼻緒に絆創膏を巻いてあげましょう。

ビニールシート
花火大会ならビニールシートは持っていくと思いますが、縁日に行くときもビニールシートを持っていくといいですよ。
下駄や雪駄は履きなれていないと思った以上に疲れちゃうので、座れそうなところがあったらビニールシートを敷いて休憩、休憩。

ストール
海辺の花火大会は夜になると浴衣じゃちょっと寒くなることがあるので、ストールを準備できるといいですね。

かゆみ止め
かゆみ止めはポケットサイズのやつを忍ばせておきましょう。

ウェットティッシュ
花火大会にしろ縁日にしろ、食べ物が私の楽しみの一つです。
屋台物は食べるのに手が汚れるものが多いので、ウェットティシュをよく使います。

ビニール袋
スーパーやコンビニでもらえる取っ手付きのビニール袋も持っていくと便利です。
飲食物のごみは持参したビニール袋へ。
ごみ用ビニール袋があるのとないのとじゃ、歩くときに快適さが違いますよ!

日傘
日中動くことが多いなら、彼女に日傘の準備を勧めましょう。
持ってなかったら浴衣に似合いそうな日傘を買ってあげてください(笑)

以上がおススメ持ち物です。
着物デートのときに気をつけておきたいことはこちらで。


スポンサーリンク